fbpx

糸島お客様づくり実践塾

実践塾12.2.jpg

商品が売れずにお困りではありませんか?

「モノはいい。でも売れない。なぜだろう?」

16年前、私も起業したての頃は、なかなか商品が売れずにに苦労しました。

商品はとても良いのです。価格もそんなに高くない。でも売れないんです。

思いつくことは、何でもがむしゃらにしました。

そして分かったのは「良い商品だと思っているから売れない」ということ。

そうなんです。商品に自信があるあまりに、売り方にまったくこだわってなかったのです。

そこでマーケティングに特化した勉強会をしようと、参加者で売り方に関する意見やアイデアを出し合う「糸島お客様づくり実践塾」を始めました。

「お客様ってどうやって探すの?」

「会社(お店)のファンになっていただくには?」

「商品ってどうやって売るの?」

など、毎回テーマを決めて勉強をしています。

「糸島お客様づくり実践塾」は実践の話が中心です。

一般的な営業の本に書いてあるような、ありきたりの内容ではありません。

同業者には知られたくないノウハウです。

明日から使える効果的な一手が、手に入ります。

また勉強会後は異業種の方とのビジネス情報交換もしています。

ヒントって意外と異業種の方との会話にあるものですね。

あえて少人数制にしていますので、とってもアットホームな雰囲気ですよ。

会社経営者、店舗経営者、個人事業主、店長、社員さん、これから起業をお考えの方、もちろん倫理法人会の会員で無い方も大歓迎です。

もう一人で悩む必要はありません。一緒に勉強をしましょう。お気軽にお越し下さいませ。

ただし定員の20名になり次第、締め切りますのでご了承下さい。

今すぐお申込みをお待ちしています。

次回は2020年9月26日(土)の午前9時30分から

・開催日:2020年9月26日(土)
・時 間:午前9時30分から11時30分まで(途中退出OK)
・会 場:ZOOMを使ったオンライン
・参加料:無料

参加のお申込みはとっても簡単

メールの件名に「9月26日オンライン実践塾」と書いて、次の4つを送信して下さい。折り返し参加するためのURLをお送り致します。
1、会社名
2、お名前
3、電話番号
4、倫理法人会の会員 or 未会員
送信先:hirakawa@asam.jp

質問等ございましたら遠慮なくご連絡下さい。
090-2097-3334(平川)

1.jpg

過去のテーマ

第1講座(8月18日)
お客様へ確実にアポイントを取る方法

第2講座(9月2日)
ポスティングで圧倒的な反応を得る方法

第3講座(9月9月)
継続が苦手な人の為の三日坊主克服法

第4講座(9月16日)
小さな会社は商品に頼らず売り方で売ろう

第5講座(9月23日)
こんなに良い商品なのに売れないのはなぜ?

第6講座(9月29日)
売れない商品が売れ始める商品説明術(ワークショップ編)

第7講座(10月14日)
少ない物ほど価値がある?希少性が持つ魔力とは

第8講座(10月20日)
はるかに少ない努力で最も大きな成果を上げる方法

第9講座(10月28日)
お客様の流出を防ぐニュースレターの作り方

第10講座(11月3日)
モノはいい。でも売れない。貴方は売れる人・売れない人?

第11講座(11月11日)
はっきり言います。良い商品だと思っているから売れないのです

第12講座(11月17日)
せっかくの良い商品も売り方がまずければ売れません

第13講座(11月25日)
あなたの商品を欲しがっているのは、本当にその方ですか?

第14講座(12月2日)
「無料ビジネス」はどうやって利益を出しているの?

第15講座(12月9日)
お金には意思があります。お金に好かれる人・嫌われる人

第16講座(12月15日)
売れないならお客様に売ってもらおう!

第17講座(12月23日)
売れないモノをお金をかけずに売っちゃおう

第18講座(1月5日)
営業が嫌いな人のための、飛込み営業カンタン克服法

第19講座(1月12日)
お客様が商品を欲しいと思う瞬間(スイッチ)とは?

第20講座(1月19日)
営業のクロージングスキルを身につけよう

第21講座(1月26日)
優れたヒアリングはクロージングを不要にする

第22講座(2月9日)
小さな会社は少ない努力で大きな成果を上げよう

第23講座(2月16日)
その手があったか!お客様の悩みをヒアリングする方法

第24講座(3月2日)
特別ご招待券を使って集客をしよう

第25講座(3月9日)
集客が苦手な経営者は、特別ご招待券を使おう

第26講座(3月16日)
ポスティングで圧倒的な反応を得る方法

第27講座(3月30日)
お客様の流出を防ぐニュースレターの作り方

第28講座(4月6日)
お客様が興味があるのは商品ではなく、自分の未来です

第29講座(4月13日)
人は数が少ないものほど、高い価値を感じます

第30講座(4月27日)
貴方はトイレットペーパーの芯を500円で売れますか?

第31講座(5月11日)
たたみ屋さんが24時間営業にしたら売上が7倍に!

第32講座(5月18日)
砂漠で水を売るように、運動会で○○を売りましょう

第33講座(6月1日)
あなたの商品を欲しがっているのは、本当にその方ですか?

第34講座(6月15日)
間違って2倍に値上げしたことで完売した宝石店

第35講座(6月22日)
貴方はお金に嫌われていませんか?

第36講座(6月29日)
お客様に営業マンになってもらい、商品を売ってもらおう

第37講座(7月13日)
営業嫌いの経営者が営業好きになるカンタン克服法

第38講座(7月20日)
人生が激変!驚くほど人脈が出来る「自己紹介術」とは?

第39講座(7月27日)
個人事業主は自分の代わりに働いてくれる分身を作ろう

第40講座(8月3日)
継続する事が苦手です。コツコツ続けていくコツとは?

第41講座(8月10日)
お客様の流失を防ぐニュースレターを発行しよう

第42講座(8月24日)
お客様に嫌われないアポイントの取り方

第43講座(8月31日)
成功のコツは満点を目指さないこと

第44講座(9月7日)
信じた通りになるのが人生、脳を勘違いさせよう

第45講座(9月21日)
一枚のハガキでお客様とつながりを持ち続けよう

第46講座(9月28日)
売れない理由、それはお客様に商品の説明をするから

第47講座(10月5日)
商品を売りたければ、売ろうと思ってはいけません

第48講座(10月19日)
営業マンの仕事は、お客様を見きわめること。

第49講座(11月2日)
はじめてのデジタルマーケティング基礎講座

第50講座(11月9日)
会計から考えるお客様づくり

第51講座(11月16日)
中国はケタ違いに凄かった。深セン市、広州市の珍道中報告

第52講座(11月30日)
人の心を動かすのは言葉です。スピーチの構成を学ぼう

第53講座(12月7日)
与えれば与えられます。紹介される人になりましょう。

第54講座(12月14日)
スピーチは原稿ありき。原稿作成の要領を学ぼう

第55講座(12月21日)
まずお客様に定着してもらい満足へと進んでいただきましょう

第56講座(1月11日)
口にした通りになるのが人生です。今年の抱負を語りましょう

第57講座(1月18日)
「今その人に一番必要なものは何だろう?」と深く考えよう

第58講座(1月25日)
お客様定着化計画、90日プログラムを考えよう

第59講座(2月8日)
こんなに良い商品なのに売れないのはなぜ?

第60講座(2月15日)
本当は誰にも教えたくないニュースレターの作り方

第61講座(3月28日)
必ず夜明けはやってくる。ウイルスなんかに負けんぞ。

第62講座(4月25日)オンライン
あなたのおススメの一冊を教えて下さい。

第63講座(5月2日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第64講座(5月9日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第65講座(5月16日)オンライン
あなたの人生を変えた一言を教えて下さい。

第66講座(5月23日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第67講座(5月30日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第68講座(6月6日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第69講座(6月13日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第70講座(6月20日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第71講座(6月27日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第72講座(7月11日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第73講座(7月18日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第74講座(7月25日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第75講座(8月1日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第76講座(8月8日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第77講座(8月15日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第78講座(8月22日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第79講座(8月22日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第80講座(8月29日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第81講座(9月12日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第82講座(9月19日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

第83講座(9月26日)オンライン
あなたのおススメの本もしくは映画を教えて下さい。

9.2-2.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 上村 裕明 より:

    昨日も学びが多くて、自分の発想にはないことでした。すぐに実践してみます。
    9:30〜は出掛けやすいです!

  2. 上村 裕明 より:

    お客さまは、商品が欲しいわけではなかったとは!
    なるほど 購入スイッチが入るには訳があるんですね。
    いい商品は、安ければ売れると思ってました。

  3. 上村裕明 より:

    ニュースレターにもノウハウがあるものですね。
    知らずに売れずに悩むより、知って実践すれば
    今日から役立つことばかりでした。
    11/3も楽しみにしてます。

  4. 上村裕明 より:

    第8講座(10月20日)
    『はるかに少ない努力で最も大きな成果を上げる方法』
    楽をするのではなく、限られた時間と労力で戦う方法だったとは!
    完璧を目指さず、罪悪感も感じずに 圧倒的な影響力を持つ少数を見つけるのが近道なんですね。

  5. 上村裕明 より:

    第7回 希少性の理由を明確にし、消費者の心理を理解して、物やサービスを売ることは、結果的に気持ちよく購入する手助けとも言える。悪用してはいけないが、背中を押す程度ならば売り方の腕次第か!

  6. 庄島純平 より:

    初めて実践塾に参加させていただきました。伝え方,売り方について,分かりやすく学ぶことができました。分析的な視点でありながらシンプルな方法論を学ぶことができ,まさしく明日にでも実践できるような学びとなりました。ぜひまた参加させていただきたいと思います。

  7. 諸藤英治 より:

    今朝はワークショップを担当させていただきました。

    『企業の約60%は1年以内に倒産、10年以内でなんと94%が倒産するらしい。理由は「営業不振」。営業不振とは「売れない」状態が続くこと。なぜこれほど多くの企業で売れない状態が続くのか?

    売れない原因の大半は、この2つ。
    相手にとっての魅力が足りない
    その魅力が相手に伝わってない

    「わかりやすい商品説明術」とは、「相手にとって」が大切。「相手の興味・関心」から、「自分の商品の魅力」を最大限に引き出す。そして、価格以上の「価値」が伝わったときに売れはじめる。

    売り方を含めたサービスが、商品の価値の大半を占めるようになったのが今。サービスは目に見えないので「お客さまにわかりやすく伝える力」がライバルとの圧倒的な差をつけるポイントになりました。

    商品の伝わらない真の価値を、たくさんの人に伝えてあげたい…
    そんな思いで、ぜひあなたにお薦めしたいのが、「糸島お客さまづくり実践塾」です。

    ぜひ一度、気軽にお越しください。』

    (400字)

  8. 上村裕明 より:

    講義では、理解したつもりになっていても、いざグループワークになると 悪戦苦闘でした。
    実践塾と言うだけあって、ワンウェイの講義とは違います。また異業種の意見にヒントがあるものですね。サラリーマン生活終了後の起業を夢見て、学びを深めたいです。

  9. 橋本昇 より:

    今日はワークショップ形式で、参加者の考え方が色々聞くことができ、参考になりました。これを自分のビジネスに落とし込んでいきたいです。

  10. 橋本昇 より:

    今日は参加者が多く、色々な意見が聞けました。広い視野でビジネスしていきたいです。

  11. 上村裕明 より:

    起業した際の勉強でもあり、普段の生活で悪徳商法に引っ掛って、余計な物を買わない勉強にもなると感じました。

  12. 吉野 健 より:

    本日9月16日は、小さな会社は商品に頼らず、売り方で売るがテーマた。コンビニがなぜ進化したのか?それは昔の、よろず屋で何でも品揃えしてある、お店から始まり、コンビニは、その進化で、よろず屋に宅配機能、銀行機能、で、要するに商品に頼らない、機能性の充実で、進化した、一番の例だとおまいます。私が、ハンバーガーの話で、マックと、モスと、どちらがうまいか?と聞いたら、片方が全員の答えでした、しかし、売上では、ダントツに反対のバーカチェーンでした、これも、売り方のちがいを表した典型な例でした、イタリアンレストランのサイゼリアの社長はうまいから売れるのではなく、売れるからうまいと、書籍の中で語ってました、最後に会員様の補聴器のオーナー様の店を例に挙げてディスカッションをしました。素人だから考えつく事や、非常に有意義な時間でした、また山内お嬢様の手作りお料理を食べながら交わす、ディスカッションは楽しく、勉強になりました。また来週も皆さまと会える事を楽しみに一週間を過ごします。

  13. 吉野健 より:

    9月9日本日のテーマは、[継続が苦手な人の為の3日坊主克服法]がテーマでの勉強会でした。なぜ3日坊主言うのか?調べてみたら、坊主を志す、修行僧が、修行が辛い、本日は、継続の苦手な3日坊主を克服するがテーマの勉強会でした。3日坊主の語源が、修行が辛い、食事がまずいで3日で逃げ出した所から来たみたいですが、何事も3日では結論は出ないもので、やり続けるなかで突然、変化する時期が、ある事を勉強させられました。例えば、マラソンの練習をしてもタイムが伸びなく、ある日突然タイムが伸びた話とか?よく聞く話は、ダイエットで、最初は痩せてそれから痩せない時期があり、ある日を機にまた痩せて行く、それは、ディッピングポイントだと学びました。諦めなく、継続して行く事の大事さ、諦める、ばギブアップでなく、事を明らかにする事で、なんでもやって行くなかで、結果が出ないのは、必ず何か原因があり、それを克服する事が、継続のポイントである事も学んだ、成功曲線の話をとか、まだまだ、我々の勉強不足を痛感された勉強会でした。皆さま朝早くからお疲れ様でした。二回参加させてもらいましたが、次回三回参加予定です。三回坊主にならないように頑張ります。笑

  14. 橋本昇 より:

    今日の勉強会で、印象に残ったのは『成功曲線』です。その言葉を始めて聞きましたが、理解でき、今後の三日坊主克服に役立ちそうです。ありがとうございました

  15. 上村裕明 より:

    やる気の動機付けに瞬発力と持続力の要素があるんですね。
    ティッピングポイントを知らずに、下積みで終わるのは勿体ないと思いました。

  16. 諸藤英治 より:

    第1回目から参加しています(写真撮影担当)。ビジネス書やインターネットの検索では解決できない個別の課題、これから実現していきたい夢について、また糸島の横のつながりづくりなど、実際に糸島で経営されている諸先輩方に、直接顔を合わせて実践的な相談ができる機会がこの勉強会のおもしろさです。輪になってラフな雰囲気で、朝ごはんもみんなで食べたり、気軽に参加できる楽しい会ですよ^_^

    追伸:次回は、こどもたちの太鼓の県大会で大川へ早朝から行ってきます!優勝目指して応援してきます♪

  17. 橋本昇 より:

    前回は遅刻して参加しました。自分1人ではなかなか気づかないことを発見したり、知識を習得できました。ありがとうございました。

  18. 上村裕明 より:

    1回目は『アポ取りとプレゼン』について学びました。
    プレゼンとクロージングこそ営業と思ってましたが、違うんですね 目から鱗でした。
    アポ取りは、営業は勿論 デートのお誘いにも活用出来そう!

    2回目は『ポスティングで圧倒的な反応を得る方法』を学びました。
    広告形態の変化に対応して 如何にして定期的接触を計るか?
    採算に合うポスティング方法とは?
    届けたい人に届ける方法とは?
    外部からの口コミを得るには?
    初期の期待感の設定は?
    そんな金額で広告が印刷出来るとは!

    次回 9/9 (日) 6時が楽しみです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。